痛みのクリニックとはごあいさつ在宅・訪問診療のごあんない診療内容・診療時間地図・アクセス施設案内
トップ > 痛みのクリニックとは

痛みのクリニックとは

痛み(がんの痛み帯状疱疹の痛み腰痛頭痛肩こり五十肩肘の痛み股関節やひざの痛み手術や事故後の痛みなど)でお困りではありませんか?

痛みのクリニックでは、上記のような痛みの軽減・改善をするための治療を行っています。

当院では、一般的な治療に加え、神経ブロック、痛んだ組織の改善を早めたり循環を良くする各種光線治療機器電気刺激治療機器点滴療法などを使い分け、症状の改善をはかります。

痛みだけでなく自律神経が関わる病気や顔面の麻痺・難聴や視力低下の特殊治療として星状神経節ブロックを行ったり、眼瞼(まぶた)けいれん・顔面けいれんの特効薬であるボトックス製剤を用いた治療も行っています。

痛みやしびれ、けいれん、循環障害などの症状は、さまざまな疾患と関わりがあるため、根本となる原因疾患を見逃さないために内科・小児科・整形外科等にまたがる診察・検査も行います。身近なかかりつけ医として感冒などの治療、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病の予防、往診在宅診療予防接種健康診断などに積極的にかかわっていきたいと思います。

やさしく温かい気持ちで、地域に親しまれる医療を提供できるよう努力してまいります!

ペインクリニックについて

ペイン(pain)とは英語で痛みのことをあらわします。ペインクリニックとは、痛みの診療所となります。 ペインクリニック内科とは、体の痛み(腰が痛い・頭が痛いなど)や心の痛み(眠れない・やる気がおきない・イライラするなど)を総合して診断治療する科です。

痛みは長引くと痛みの悪循環を引き起こし、更に新しい痛みを生じたり慢性痛となったりします。 また、痛みが長引くと痛みのために関節の動きや体のバランスが悪くなったり不眠を引き起こし、体調不良を生じます。 ペインクリニック内科は、この痛みの悪循環を防ぎ、痛みが体調に悪影響を及ぼさないように治療する科です。 麻酔科医が標榜することが多いです。

どうして麻酔科医がペインクリニックに携わるのか・・・

痛みの原因は様々で全身の病気や体の構造に由来して生じているため、たくさんの科の病気に関わり様々な治療薬に関わり 全身管理のできる麻酔科医が標榜することが多いと言われています。

痛みをとる方法としてとても有効な神経ブロックは、麻酔科で主に手術時や手術後に日々用いている手技のため、麻酔科が標榜することが多いとも言えます。

麻酔科医のお仕事とは?

麻酔科医の大きな仕事は手術を受けられる患者様の全身管理です。

〝全身麻酔=眠らせること〟と考えられることが多いかもしれませんが、実は全身麻酔の本質は眠らせることではなく、周術期に生じる様々な侵襲から患者さんを守ることにあります。具体的にいえば、手術によって変動する呼吸・血圧・体温・代謝・などを正常な状態に維持し出血や痛みが患者さんに与える影響を最小限に抑えるよう努めています。

最近の研究では、手術に伴う痛みを適切に遮断することにより、患者さんの負担を減らすだけでなく、術後の経過(傷の治癒・免疫・内分泌・循環など)にも良い影響があることが示されています。

麻酔科は、その専門性の高さから、標榜するには厚生労働省の許可を必要とする唯一の科です。 最近の麻酔科医の仕事は、かなり広範囲にわたっています。

手術室だけでなく、救急救命・集中治療・がんの緩和ケア・ペインクリニック・術後疼痛管理・・・と、麻酔中の全身管理の知識や技術 をいかして様々な分野で働いています。

痛みの悪循環とは

痛みが長い間続くと、痛み刺激に反応して交感神経が異常興奮し自律神経のバランスが崩れます。

交感神経が興奮すると血管が収縮して血液の流れが悪くなり、組織の代謝産物が蓄積され、この代謝産物が更なる痛みを引き起こします。また、痛みで十分に眠れないために体調を崩してしまったり、痛くて動きが取れないために関節が硬く弱くなり、関節を支える筋肉も減り痛みが生じやすい状況になってしまったり、ホルモンバランスにも変化をきたすため糖尿病のように血糖値が上がりやすくなってしまったり、脳の重要な物質が減るためにうつ症状が出たり・・・と連鎖的に悪い状態に変化していく・・・これが痛みの悪循環です。ペインクリニックでは、この痛みの悪循環を鎮痛処置や内服・点滴で断ち切り、辛い症状の改善をはかっています。

当院の特徴

  1. 当院では神経ブロック時の痛みを心配する患者さんでも安心して処置が受けられるように、局所麻酔薬の軟膏を注射部位に使用したり、笑気吸入麻酔を併用したり極細の針を用いることで、治療時の苦痛がないように配慮しています。
  2. 神経ブロック類似効果のある光線治療医療機器や、循環をよくしたり、筋肉の凝りを改善したりする効果のある電気刺激装置を適切に治療に取り入れ、相乗効果で回復を早めます。
  3. ボトックス製剤による各種治療が受けられます。(顔面・眼瞼(まぶた)けいれん・斜頚・四肢の硬縮・眉間しわとり などの治療)  <要予約>
  4. 自分で来院することが大変な患者さんに関しては、予約いただければ送迎いたします。<要予約・時間応相談>
  5. 長年、手術や術後の患者さん・様々な疾患に関わってきた院長が、『これから手術をするけれど…』『手術は終わっ たけれど…』という手術に関連したご本人やご家族の心配・不安が軽減するよう、カウンセリングします。
ページトップへ