痛みのクリニックとはごあいさつ在宅・訪問診療のごあんない診療内容・診療時間地図・アクセス施設案内
トップ > 神経ブロックによる痛みの治療

神経ブロックによる痛みの治療

神経ブロックとは

一時的に神経を休めることで、循環を良くし自己治癒力を高める治療法です。

※中毒やくせになることはありません。
※当院では注射の痛みを心配する患者様でも安心して処置が受けられるように、局所麻酔薬の軟膏を注射位に使用したり、笑気吸入麻酔を併用したり工夫しています。

星状神経節ブロック

頭・顔面・肩・頚部・上肢の血行を改善することで神経などの組織損傷の治癒を早めます。

また、自律神経、ホルモンの分泌、免疫力(抵抗力)のバランスを整えるので、いろいろな症状や病気に有効な神経ブロックです。

耳の内耳や目の網膜の循環を改善する効果もあるため、循環障害による難聴や視力低下・視野狭窄にも効果が期待できます。

首の神経節に直接注射する方法と、光線治療器で神経節を刺激し効果を得る方法がありますが、症状と経過によって使い分けています。

有効な疾患

頚椎症・頚椎ヘルニア・胸郭出口症候群・慢性頭痛・肩こり・五十肩・帯状疱疹・生理痛・神経痛などの痛みの病気を始め、多汗症・自律神経失調症・パニック障害・慢性疲労症候群などの体の不調、顔面神経麻痺、更年期障害、高血圧・冷え性など様々な病気に効果があります。

硬膜外ブロック

脊髄を保護している膜の外側にある硬膜外腔という部位へ麻酔薬を注入します。

脊髄の枝や交感神経に効果が生じ、循環が良くなったり痛みが取れたりします。

背骨に注射する部位は、症状により決め、仙骨硬膜外ブロック・腰部硬膜外ブロック・胸部硬膜外ブロック・頚部硬膜外ブロックに分かれます。

慢性疼痛は、交感神経が関与している痛みが多いため非常に効果的な治療方法です。

有効な疾患

腰椎ヘルニア・ぎっくり腰・脊柱管狭窄症などや、首から足までの慢性痛に有効です。

トリガーポイント注射

圧痛のある部位または東洋医学のツボにあたる部位に、細い針を用いて薬剤を浸潤させます。トリガーポイント注射は、良いタイミングで的確に行うと即効性に効果が出ることが多い処置です。

その他の神経ブロック

大腰筋溝ブロック・後頭神経ブロック・肩甲上神経ブロック・椎間関節ブロック等

ページトップへ