痛みのクリニックとはごあいさつ在宅・訪問診療のごあんない診療内容・診療時間地図・アクセス施設案内
トップ > その他の痛みの治療

その他の痛みの治療

手術や事故後の痛み

手術や外傷後に不快な症状や痛みが長期に続いているような場合にもご相談ください。

体の調子を整える神経ブロックや循環を良くする光線治療、漢方薬、鎮痛薬、抗うつ薬等をうまく併用すると症状を改善することができます。

光線治療

近赤外線治療(スーパーライザー)

近赤外線治療(スーパーライザー)筋の奥深くの神経や血管にも到達して緊張をほぐし血行を改善します。東洋医学のツボと西洋医学の神経血管の走行に照射することでより効果を発揮します。 組織の痛み物質の除去・炎症細胞の洗い流し・痛んだ組織の修復が早まるなど、血流改善によりさまざまな改善効果があることがわかっています。治療中に痛みや熱感などの苦痛はまったくありません。治療後は温かい感じがあります。

キセノン光治療器

キセノン光治療器大気中に微量に存在する元素の1つであるキセノンを発光させて生じる近赤外線を用いて治療します。各種の痛みや腫脹の改善効果があります。体の深部に到達して患部の加温・血流を増やす・代謝を高める等の効果があります。骨や関節に異常があり痛むようなリウマチや変形性関節症などの治療にも有効。手や膝など他の治療器で用いにくい場所にも使いやすく、他の治療と併用によって治療効果が上がります。

笑気吸入麻酔

笑気吸入鎮静器歯科の治療では笑気を用いて麻酔している施設もありますが、内科・外科の注射や切開の処置で笑気を使用することはほとんどありませんでした。

当院では、院長が麻酔科医であることをいかし、手術室の設備と同様の患者状態監視装置を完備して、安全に痛みのない処置を行っております。

初回の処置では、全例笑気吸入を併用して行いますが、麻酔費用はかかりません。2回目の処置からは、希望で用いていきますので、麻酔費用が必要となります。

ページトップへ