メニュー

再生医療(PRP療法)

当院は、関節に対して自己血を用いた治療の出来る

厚生労働省に認可された医療施設です。

PRP(多血小板血漿)療法とは、自分の血液中に含まれる血小板の成長因子が持つ組織修復能力を利用し自己治癒力を高める再生医療です。

自分の血液を利用するため、変形性膝関節症の痛み・スポーツ選手のケガや肘・ひざ等関節の痛み、などに効果があります。

PRP療法は自由診療です。PRP注射費用は3回分で約70,000円(税別)・・・血液を製剤化する為の費用のみを徴収いたします。

症状等により治療方針等をご相談させていただきますので詳細は診察の時にお問合せください。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

PRPとは

身体の中を流れる「血液」は、赤血球、白血球、血小板の細胞成分(血球)と、血漿と呼ばれる液体部分から成り立っています。

PRPは「血小板を多く含む部分だけを血液から抽出したもの」のことです。

例えば、皮膚を切って出血しても、多くの場合は自然に血が止まり、皮膚も綺麗に治ります。これは、血小板がその場所に集まって血を固めたり、成長因子を放出して傷を修復する働きによるものです。他にも成長因子には炎症を抑える働きや、骨や血管を作るために欠かせないコラーゲンの産生を行う細胞を増やす働きもあります。

これらの効果が期待されるため、直接関節の傷ついた部分にPRPを投与する治療方法をPRP療法といいます。痛みの改善や軟骨保護効果も期待できる上に、ご自身の血液成分を使用するので、アレルギー反応や感染などの副作用が少ないことが特徴です。

PRP療法のしくみ

変形性膝関節症に対するPRP療法では、患者様ご自身の血液からPRPを調製し、患部に注入します。PRP中のサイトカインの働きが変形性膝関節症の痛みの軽減や、損傷した組織の修復に効果があるとされています。注射後3~4日間は細胞の代謝が活発になるとされているため、軽度の炎症が起こり、痛みや腫れ、発赤を生じることがあります。

 

こんな方にはオススメです!

期待される効果

PRP(多血小板血漿)には修復する因子が豊富に含まれています。注射した部分の痛みが軽減される効果が期待できます。

1.痛みをとりたい!

PRP療法は膝を切開したり、入院せずに治療できるため、高齢者や手術が難しいといわれた方でも対象となります。日常生活を送りながら通院で治療を受けることができます

2.今の治療で効果がみられない。昔から痛みがあって辛い。

PRP療法は、自分自身の治癒能力を引き出す治療法なのでヒアルロン酸注射の効果が感じられるようになったりすることが確認されています。 ※効果には個人差があります。

3.新しい治療を試してみたい!

当院が使用するPRPに含まれる血小板の数は、血液の10~20倍濃縮になっており、一般的な調製方法と比べ高い濃縮率で血小板を多く含むため成長因子が豊富であり、修復能力や炎症を抑える効果も高くなると考えられます。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME