メニュー

通所リハビリテーションセンター 和叶(わかな) 施設のご案内

高齢者入居 メディカルコート和叶(わかな)

 

あいさつ

リハビリテーション統括部長 清水文彦 (理学療法士)

通所リハビリテーションセンター和叶は、生活に笑顔と意欲が持てるリハビリテーションを提供しています。

当サービスには、様々な身体症状・障害、生活能力の低下をきたした方々が来所されます。私たちは、ご利用者様・ご家族様の生活上の希望や課題をふまえて、リハビリテーションの目標や内容を決定していきます。

その際に大切にしていることは、ご利用者様の"笑顔"です。

衰えた筋力を鍛えたり、動きにくくなった関節の範囲の改善を図る「機能訓練」に加えて、生活しやすい体づくり、そして日々の生活がご本人らしい「笑顔のある生活」となるようイメージして、スタッフ全員で取り組んでいます。

利用者様が自ら意欲を持って動き、これからの可能性を実感できるよう、設備や環境の充実にも努めています。

経験豊富な理学療法士・作業療法士・介護福祉士が、それぞれの専門性を最大限に発揮しながら、ご利用者様に応じてオーダーメイドのリハビリテーションを実施しています。どうぞ安心してお任せください。

これからも、皆様に信頼され、喜ばれるリハビリテーションを提供すべく精進してまいります。何卒よろしくお願い申し上げます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

短期型&半日型 通所リハビリテーションのご案内

 

リハビリ室

リハビリを行うことで自立した生活ができるようになるとともに、介護者の負担を軽減できる効果があります。 それだけなく行動範囲が広がることで精神的にも生活に意欲が出て外出やコミュニティへの参加などをより積極的に行動できるようになる効果が得られます。

  

 

ウオータベット

ウォーターベットタイプなので、例えば腰が曲がっている患者さんでも大丈夫。たっぷり入った水と柔らかいラバーマットが患者さんへの負担を軽減し、リハビリ効果を最大限に発揮します。痛みや筋肉の硬さが目立つ方には、ウォーターベットやホットパックを用いて、運動や生活動作が行いやすくなるようなリハビリも行います。

ADL浴室

片麻痺などの後遺症がある人にとっては、日常生活動作(ADL)が困難になる場合があります。そのためにもADLを向上させたり、維持させることが最重要課題です。また一般的な人でも、加齢とともに普段から行っている日常生活動作が衰える傾向にあるため、そのADLを維持し、向上させるにはリハビリテーションはとても重要です。

重度の麻痺のある方や自身で入浴が困難な方でも安心して入れる浴槽があります

日常生活動作の中でも、重要度の高い入浴動作の獲得に向け、生活環境に近い浴槽での動作の訓練も行うことができます。

 

休憩室

明るく清潔に保たれた休憩室は利用される方の憩いの場になります。ご自宅を離れて日常とは違うひと時をお過ごしください。真心こめた手作りのお食事や職員との触れ合い等が明日からの活力になります。

紫外線照射ライト

利用者の皆様の安心安全の為にいち早く設置しました。新型コロナウイルスの抑制効果があるとされている222nm紫外線(中心波長が222nmの紫外線)の照射装置。222nm紫外線は、「数分の照射でウイルス・細菌をほぼ不活化」「人体に照射しても影響がほとんどない」という性質を兼ね備えている。

(設置個所:リハビリ施設・談話室。面談室)

 

短期型&半日型 通所リハビリテーションのご案内

 

詳しい内容はお問い合わせください。

 

お問い合わせ  0553-34-5422

施設名称:サービス付き高齢者向け住宅 メディカルコート 和叶

所 在 地  :  山梨県甲州市塩山下塩後888-1

お問合せ: 0553-34-5422


〇サービス付き高齢者向け住宅事業の事業者

医療法人 賢和ゆたか会

住所 〒404-0044 山梨県甲州市塩山下塩後890-1  電話番号: 0553-33-5300

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME